Visual Studio Community 2015の導入

目次

Visual Studioとは

 

※この記事は2016年8月30日時点での情報です。
※この記事はWindows 7での情報です。
※最新版のVisual Studio 2017のインストールはこちらです。

ここでは統合開発環境の一つであるVisual Studio Community 2015の導入方法を紹介します。
統合開発環境とはテキストエディタやコンパイラなど、プログラミングに必要な機能をまとめたソフトウェアです。

Visual Studio CommunityはMicrosoftの提供する無償の統合開発環境です。
C言語以外にも、C#やJavaScript、Basicなど様々な言語をサポートしています。

visual studioのホームページへ

visual studioのダウンロード

こちらからVisual Studio Communityのページを開いてください。

00

記事の下の方に「Visual Studio Community ダウンロード」というリンクがあるのでダウンロードページへ飛んでください。

01

一番左の「Communityを無料ダウンロード」をクリックしてください。ダウンロードが開始されます。

02

visual studioのインストール

ダウンロードしたexeファイルを実行するとセットアップウィンドウが現れます。

03

  • インストールの場所:インストール先のディレクトリを指定します。規定値のままで構いません。
  • インストールの種類:カスタムを指定してください。

以上を設定して「次へ」をクリックしてください。カスタムインストールの設定画面に移行します。

04

  • 機能の選択:「プログラミング言語/Visual C++」にチェックを入れてください。

以上を設定して「次へ」をクリックしてください。

05

インストール項目を確認し、「インストール」をクリックしてください。
インストールが開始されます。

06

インストールにはしばらく時間がかかります。
筆者の場合は1時間近くかかりました。

07

これでインストールの完了です。
「起動(L)」でVisual Studioを起動してください。

visual studioの起動

初回起動時は以下のような画面が表示されます。

08

Microsoftアカウントをお持ちの方はサインインをお勧めしますが、今回はサインインせずに進めます。
「あとで行う。」をクリックしてください。

09

こちらも初期設定です。
お好きなテーマを選択してください。

10

少し待つとVisual Studioが起動します。

11

プログラミングを行うには、まずプロジェクトを作成します。
ファイル(F)/新規作成(N)/プロジェクト(P)でウィンドウを開きます。

12

13

  • テンプレート/Visual C++/空のプロジェクトを指定します。
  • 名前(N):プロジェクトの名前です。お好きな名前をつけてください。
  • 場所(L):規定値のままで構いません。「docment/Visual Studio 2015/Projects」に保存されます。
  • ソリューション名(M):名前(N)と同じ値が自動で入ります。そのままで結構です。
  • チェックボックス:変更の必要はありません。

以上を設定して「OK」をクリックしてください。
ソリューションエクスプローラーにプロジェクトが表示されます。

14

C言語を書くファイルを作成します。
「ソースファイル」を右クリックしてください。
追加(D)/新しい項目(W)…でウィンドウが開きます。

16

  • Visual C++/C++ ファイル(.cpp)を指定
  • 名前(N):基本的には「main.c」を使います。規定値では拡張子が「.cpp」になっていますがそれでも問題ありません。
  • 場所(L):規定値のままで構いません。

以上を設定して「追加(A)」をクリックしてください。

17

ソースファイルが追加され、エディタが表示されました。ここにソースコードを書いていきます。

書いたソースコードを保存するには、ファイル(F)/【ファイル名】の保存より保存します。

18

プログラムを実行するには、デバッグ(D)/デバッグなしで開始(H)で実行します。

19

以上で導入は完了です。

Visual Studioのマニュアル

Visual Studioのアンインストール

「スタート/コントロールパネル/プログラム/プログラムと機能/プログラムのアンインストールまたは変更」より、「Microsoft Visual Studio Community 2015 with updates」を選択し、変更をクリックしてください。更新プログラムのウィンドウが開きます。

20

アンインストール(U)をクリックしてください。

21

はい(Y)をクリック。
こちらもしばらく時間がかかります。

22

アンインストールが完了しました。
閉じる(C)をクリック。

23

アンインストール後、自動でMicrosoftのページが開かれます。
そちらに従ってその他のファイルをアンインストールしてください。

24



「Visual Studio Community 2015の導入」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です