ファイル出力

目次

fputs()

ファイル出力にはfputs()関数またはfprintf()関数の2種類があります。

fputs()は

fputs("【書き込む文字列】", 【ポインタ名】)

で書き出すことができます。

fprintf()

fprintf()はprintf()と同様に変数の値を埋め込むことができます。
埋め込んだ変数値は勿論文字列に変換されます。

以下が例です。

#include  <stdio.h>

int main(void)
{
	FILE *fp;
	fopen_s(&fp, "file.txt", "a");

	fputs("test", fp);

	fclose(fp);

	return 0;
}
fprintf(【ポインタ名】,"【書き込む文字列】", 【変数】… )

で書き出すことができます。

以下が例です。

#include  <stdio.h>

int main(void)
{
	FILE *fp;
	fopen_s(&fp, "file.txt", "a");

	fprintf(fp, "%d", 3.1415);

	fclose(fp);

	return 0;
}



「ファイル出力」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です