C/C++

算術演算子

更新日:

算術演算子とは

算術演算子とは計算に使う"+"や"-"などの計算記号のことです。

変数に格納する数値を編集するために必須の演算です。

多くの場合は

【左辺値】【演算子】【右辺値】


というような形で使います。
学校で習う算数と一緒です。

例えば、

arithmetic_sample1.c

int a = 3 + 5;

とした場合、変数aには8が入ります。

また、演算には数値だけでなく変数も使うことができます。

arithmetic_sample2.c

int a = 3;
int b = 2;
int c = a + b;

このようにするとcにはa+bすなわち2+3=5が代入されます。

補足ですが、「=」も演算子の一種で、単純代入演算子と言います。
詳しくは演算子一覧を参照。

演算子とその優先順位一覧

算術演算子の種類

名称 構文 意味 優先順位 結合規則
加算演算子 a + b 加算 5
減算演算子 a - b 減算 5
乗算演算子 a * b 乗算 4
除算演算子 a / b 除算 4
剰余演算子 a % b 整数の除算の余り 4
加算代入演算子 a += b 代入元と加算 15
減算代入演算子 a -= b 代入元と減算 15
乗算代入演算子 a *= b 代入元と乗算 15
除算代入演算子 a /= 代入元と除算 15
剰余代入演算子 a %= b 代入元と整数の除算の余り 15
単項プラス演算子 +a 正符号 2
単項マイナス演算子 -a 負符号 2
前置インクリメント演算子 ++a +1 2
後置インクリメント演算子 a++ +1 1
前置デクリメント演算子 --a -1 2
後置デクリメント演算子 a-- -1 1

優先順位とは式の中で計算される順序を示しています。
算数の計算と同じで例えば加算よりも乗算が先に計算されます。

結合規則は、同順位の演算子が複数あったときどちらが先に計算されるかです。
「→」の場合は左が先、「←」の場合右が先になります。

インクリメント演算子とデクリメント演算子には、前置と後置があります。
これの違いも優先順位が違います。



-C/C++

Copyright© C言語/C++入門講座  ツナサーモン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.