配列

目次

配列とは

配列とは複数の変数を1つの名前にまとめたものです。

配列の使い方

【配列の型】 【配列名】[【要素数】];

要素数は配列の中の変数の個数です。
配列では同じ型の変数しかまとめることができません。

もしくは

【配列の型】 【配列名】[] = { 2, 4, 6, …};

のように宣言と同時に代入を行うと、要素数を省略可能になります。
その場合は代入した値の数が要素数になります。

値を代入するには

【配列名】 = { 1, 3, 5, …};

と全ての要素に一気に代入するか

【配列名】[【添え字】] = 1;

と1つずつ代入する方法があります。
添え字とは各要素の通し番号です。
0~(要素数-1)が範囲なので注意してください。

値を参照するときは、添え字をつけると変数と同じ扱いができます。

int a[]
printf("%d", a[0]);

for文による全要素の参照

添え字にはリテラルだけでなく変数も書くことができます。
これを使えば簡単に全ての要素を参照することができます。

int a[] = {1, 2, … 99, 100};
int i;
int aNum = sizeof a / sizeof a[0];  //配列a[]の要素数

for(i = 0; i > aNum; i++)
    printf("%d\n", a[i]);

変数aNumは配列a[]の要素数です。
sizeof aは配列a[]全体のサイズでsizeof a[0]は配列の0番目の要素のサイズ、つまり配列の要素のサイズはすべて同じなので配列の要素1つ分のサイズとなり、それで全体を割るので要素数がでます。



「配列」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA