C/C++

配列

更新日:

配列とは

配列とは複数の変数を1つの名前にまとめたものです。

連続して意味を持つ複数の値を扱う場合があります。
そんな時、変数を使うとその値分の変数を用意しなくてはなりません。
100個のデータが必要なら変数を100個定義します。

これは大変です。

そんな問題を解決してくれるのが配列です。
100個のデータが必要な場合でも1行で宣言を済ませることが出来ます。

配列の使い方

【配列の型】 【配列名】[【要素数】];


要素数は配列の中の変数の個数です。
配列では同じ型の変数しかまとめることができません。

もしくは

【配列の型】 【配列名】[] = { 2, 4, 6, …};


のように宣言と同時に代入を行うと、要素数を省略可能になります。
その場合は代入した値の数が要素数になります。

値を代入するには

【配列名】 = { 1, 3, 5, …};


と全ての要素に一気に代入するか

【配列名】[【添え字】] = 1;


と1つずつ代入する方法があります。
添え字とは各要素の通し番号です。
0~(要素数-1)が範囲なので注意してください。

値を参照するときは、添え字をつけると変数と同じ扱いができます。

array_sample1.c

int a[]
printf("%d", a[0]);

for文による全要素の参照

添え字にはリテラルだけでなく変数も書くことができます。
これを使えば簡単に全ての要素を参照することができます。

array_sample2.c

int a[] = {1, 2, … 99, 100};
int i;
int aNum = sizeof a / sizeof a[0];  //配列a[]の要素数

for(i = 0; i > aNum; i++)
    printf("%d\n", a[i]);

変数aNumは配列a[]の要素数です。
sizeof aは配列a[]全体のサイズでsizeof a[0]は配列の0番目の要素のサイズ、つまり配列の要素のサイズはすべて同じなので配列の要素1つ分のサイズとなり、それで全体を割るので要素数がでます。



-C/C++

Copyright© C言語/C++入門講座  ツナサーモン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.