変数

目次

変数とは

変数とはある値に意味を持たせ、一定期間保存するための機能です。
変数は名前と値を持ちます。
その名前によって値を区別し、また値を変更することもできます。

具体的な使いかたは

【変数の型】 【変数名】;

と変数を宣言し、

【変数名】 = 【値】;

と値を代入します。
ある変数に初めて値を代入することを変数の初期化といいます。

また、変数の宣言と同時に初期化することもできます。

【変数の型】 【変数名】 = 【値】;

変数の型

変数には型というものががあります。
数学で変数を定義したときに「ただしxは整数とする」などと書くのと同じことです。
ある型の変数に別の型の値を代入することはできません。

変数の型には次のようなものがあります。

型名 意味 範囲
int 整数型 short型もしくはlong型と同じ
float 短精度浮動小数点型 処理系に依存
double 倍精度浮動小数点型 処理系に依存
short 短整数型 -32768~+32767
long 長整数型 -4294967296~+4294967295
char 文字型 -128~+127
char 文字型 -128~+127
bool 真偽値型(C++のみ) 0~1

浮動小数点とは小数のことです。

文字型はその名の通り文字ですが、文字列ではいないので1文字だけしか扱えません。

変数のスコープ

変数にはその変数が利用できる範囲が存在します。
それを変数のスコープといいます。

変数のスコープはその変数が定義されたブロックの中です。

int main(void)
{
    int a = 1;

    if(a > 0)
    {
        int b = 2;
        a = 4;     //これは使える
    }
    
    b = 4;  //これは使えない

    return 0;
}

main()関数の外で定義する関数をグローバル関数といい、どこでも使うことができます。
しかし、ソースコードが複雑になると変数の管理が面倒になるのでなるべくスコープの大きい変数は使わないようにするのが好ましいです。



「変数」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA