C/C++

比較演算子

更新日:

比較演算とは

比較演算とは演算子を挟んだ2項を比較しその結果が正しければ真、正しくなければ偽を返す演算です。

主に分岐や繰り返しの条件文に用います。

分岐処理-if文,switch文の使い方

繰り返し処理

comp_sample1.c

if(a < b)
{
    【処理】
}

このような例の場合は変数aが変数bより小さい場合に真、大きい場合には偽を返します。

戻り値が真偽値なので以下のように3つの値を一度に比較することはできません。
エラーになります。

comp_sample2.c

if(a < b < c)
{
    【処理】
}

上記のようにbがaより大きくc未満であるときとしたい場合は

comp_sample2.c

if((a < b) && (b < c))
{
    【処理】
}

このように論理演算子でつなげます。

論理演算子

比較演算子一覧

名称 構文 意味 優先順位 結合規則
小なり演算子 a < b aはbより小さい 7
大なり演算子 a > b aはbより大きい 7
小なりイコール演算子 a <= b aはb以下 7
大なりイコール演算子 a >= b aはb以上 7
等価演算子 a == b aとbは等しい 8
非等価演算子 a != b aとbは等しくない 8

等価演算子が「=」ではないことに注意してください。


-C/C++

Copyright© C言語/C++入門講座  ツナサーモン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.