DXライブラリ

DXライブラリ 初期設定・終了関数

更新日:

DxLib_Init()

ここではDXライブラリを使う上で必須の関数について説明します。

まずは初期化関数です。

DxLib_Init()


でDXライブラリを初期化し、使用できる状態にします。
成功の場合は0、失敗の場合は-1が返ります。

失敗した場合はDxLib_Init()以下のDXライブラリの関数が使えないのでエラーの場合はソフトウェアを終了しなければなりません。
そのため以下のように使うのが望ましいでしょう。

dx_init_sample.cpp

if( DxLib_Init() == -1 )
{
    return -1;
}

DxLib_End()

DXライブラリを終了する関数です。
プログラム終了直前に記述してください。
基本的にmain関数のreturn分の前で問題ないでしょう。

DxLib_End()

ProcessMessage()

この関数はループを用いる際に使います。

無限ループを実行すると、CPUは(条件を満たすまで)延々と処理を続けます。
しかし、Windowsアプリケーションは一定時間毎にOSからのメッセージを受け取る必要があります。
このメッセージを処理しないとシステムが不安定になります。
そのメッセージ処理を行うのがこの関数です。

目安として、1ループに一回程度は呼び出す必要があります。

ProcessMessage_sample.cpp

while(1)
{
    【処理】

    if(【条件】)
        break;

    ProcessMessage();
}

このようなイメージです。



-DXライブラリ

Copyright© C言語/C++入門講座  ツナサーモン , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.