Linux

よく使うLinuxコマンド【ファイル閲覧/操作系】

更新日:

個人的によく使うコマンドの忘備録です。

ls

ディレクトリの中身を見るときに使う。

ls dir

隠しファイルを見たいときは-aオプション。

ls -a dir

パーミッションとか詳しく見たいときは-lオプションもしくはllコマンド。

ls -l dir
ll dir

cat

ファイルの閲覧コマンド。コピーしたいときとかはこれ。

cat file.txt

圧縮ファイルとか見るときはzcat。

zcat file.txt.gz

view

vimの閲覧モード。長いファイルとか、ファイル内で検索したいときとかはこれ。

view file.txt
vi -R file.txt

tail

ログファイルとか見るときはこれ。ファイル末尾から行数指定して出力。

tail 20 file.txt

指定しないと100行になる。

tail file.txt
tail 100 file.txt

作業しながらログを見たいときは-fコマンド。リアルタイムで末尾に追加された行を出力してくれる。

tail -f file.txt

grep

ファイル内から指定した行を抜き出すコマンド。

grep "search text" file.txt

OR検索

grep -e "search text1" -e "search text2" file.txt

AND検索

grep "search text1" file.txt | grep "search text2"

正規表現

grep -e "^head" file.txt

圧縮ファイルはzgrep

zgrep "search text" file.txt.gz

-Linux

Copyright© ツナのエンジニアブログ , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.